匠の技

社寺建築を得意とする大工が多数所属しているアイチケン。

彼らの手によって、図面上に描かれたものが実際の建物として出来上がっていきます。「図面どおりに建物を組み立てていくのが大工さんの仕事でしょ?」なんて漠然とした印象をお持ちではないですか?当社の大工のお仕事を、少しだけご紹介します。

  1. 1.拾い出し

    必要な材料を把握する作業。社寺建築の場合そのほとんどが木材。図面から、必要な材の寸法・使用方法・員数を読み取っていく。

  2. 2.原寸図作成

    図面からではわかりにくい納まりを、原寸大の図面に起こし、確認すること。
    主に軒周りの原寸を起こす場合が多い。それにより、必要な材の寸法変更が行なわれることがある。

  3. 3.原寸検査

    施主や現場監督、設計士の立会いのもと、起こした原寸の確認を行なう。図面との相違やその場合の材の収まりの変更を確認する。

  4. 4.墨付

    税に必要なホゾや継手、仕口等の位置や寸法を書き込んで行く。ここで間違いが起こると、その後の加工に響くため、細心の注意が必要。この際大工が使用する「墨壷」は、利便性だけでなく、意匠を凝らし見栄えが追及されているものも多い。

  5. 5.加工

    材に記された墨をもとに、機械や手作業により加工を進める。

  6. 6.建付

    工場で加工した材を現場に搬入し、建てつけを開始する。このことを建方、建前等とよぶ。土台伏せから始まり、柱、桁・梁など組んでいく。屋根まで納まると上棟式を行い、その後、造作材の取付へと移行する。

規短術とは?

規矩術とは、指矩(さしがね)を用いて建築部材の実形を割り出し、材木に墨付(=作図)する技術のことをいいます。設計士が書いた図面からではわからない、部材同士の3次元的な取り合いを求める重要な技術です。

大工は、各々が愛用する大工道具を使って、その仕事を進めていきます。

アイチケンでは月に一度、現場経験数十年の先生をお招きして「規矩術講習」を開講。知識を高め、更なるスキルアップのために様々な手法を学んでいきます。

ページトップへ


〒483-8104
愛知県江南市力長町大当寺128番地

大きな地図で見る

  • facebook
  • センターランドグループ
  • アイチケン住宅部