お寺ができるまで

お寺ができるまでにはどのような工程があるのでしょうか。

建替えや修復をお考えの方は、ぜひご参考ください。
株式会社アイチケンでは、以下の工程のうち、

  • 設計からご相談させていただき施工も行う場合
  • すでに設計内容が決定しているお施主様へ、施工業者として関わらせていただく場合
    の2パターンがあります。
  1. 事業企画
    ご住職、総代による構想や検討を行います。
    検討内容は、用途、規模、内部構造、予算計画などが挙げられます。総代会の承認を経て、お寺様によっては建設委員会を発足し、より詳しい企画検討を行います。
  2. 設計者の選定
    検討している企画について、設計業者へ設計依頼内容を提示します。
    構想・ご要望と、制約条件(資金や土地環境等)をひとつずつクリアしながら方向性を具体化していきます。ご住職はもちろん、檀家さま方をはじめとする周囲の方々にもご納得いただけるよう、基本計画をたてる必要があります。
  3. 施工業者の選定
    設計者の作成した設計内容を、実際に建物とする施工業者を探します。
    数社に見積りをとり、各社比較のうえ決定・契約をします。
  4. 着工

    いよいよ工事開始です。
    工事の進行中も、定期的に打ち合わせを行い、施工状況の確認や報告をします。また、追加のご要望等もその都度検討していきます。

    工事は、以下のような手順で行われていきます。

    1. 地鎮祭
      建築工事に先立ち、土地の神へ建築の非礼を詫び、工事上の安全を祈願する儀式。神式・仏式の双方があります。地域の風習によって手順は異なり、行わない場合もあります。

    2. 基礎工事
      建物を支える重要な部分の工事です。

    3. 建て方
      職人が協力をして構造部材(柱や梁など)を組み立てていきます。

    4. 上棟式
      建て方の最後、棟木を挙げるときに行う儀式。家屋の棟を司る神々にことの成就を願います。神式・仏式の双方があります。

    5. 屋根仕舞い
      屋根の下地をしっかりつくり、防水工事を行ったら瓦などの仕上げを行います。これにより、雨を気にせず内部の工事に移れます。

    6. 内外部工事
      現場監督の的確な段取りにより、大工や各種専門業者が入れ替わり立ち変わり施工を進めていきます。

  5. 検査
    工事が完了したら、即、お引渡しではありません。まず、当社担当と他数人で行うアイチケン独自の社内検査を行い、施工内容の検査をします。
    その後、お施主様にもチェックをしていただき、気になる点はお引渡しまでに調整します。
  6. お引渡し
    各種引渡し書類、及、鍵等をお渡しして、お引渡しとなります。
    その後、仏具や家具、什器等の搬入を経て、落慶法要にて完成をお祝いします。
  7. 保全措置
    建物が完成して終わりではありません。気になることがございましたら、お気軽にお申し付けください。誠心誠意対応させていただきます。

ページトップへ


〒483-8104
愛知県江南市力長町大当寺128番地

大きな地図で見る

  • facebook
  • センターランドグループ
  • アイチケン住宅部